本文へスキップ

35日間で13部屋達成プログラム

ビジネスホテル客室清掃ノルマ達成応援!

ビジネスホテル客室清掃で1日のノルマとされている13部屋を35日間で達
成するための《仕組み》を構築。その《仕組み》を実践することによってノル
マを達成することが目的のプログラム。他に類をみないプログラムです。

35日間で13部屋達成プログラム

ギャラリー

1日13部屋達成の仕組み

1日13部屋のノルマを達成するには、気持ちだけではなかなか達成できません。達成できる仕組みが必要

ベッドメイク〇分達成

1日13部屋のノルマを達成するには、ベッドメイク〇分で仕上げると13部屋達成がすぐ目の前に!

バスルーム〇〇分達成

バスルームはクレームの発生が多い清掃箇所です。〇〇分かけてしっかり清掃することが不可欠です。

トータル〇〇分達成

1日13部屋のノルマを達成するには、1部屋〇〇分で仕上げるとその他の事に余裕がでて達成可能に!

このプログラムが誕生するまでの経緯お知らせ


ビジネスホテル客室清掃という仕事に就こうと決意するまで

わたしがビジネスホテルの客室清掃に魅力を感じ始めたのは、実はこの仕事を始める

前だったんです。仕事を始める前からその仕事の魅力を感じるなんて普通はありませ

んよね
。ちょっとわたしは変わった人間なのでしょうか。笑


たまたまビジネスホテル客室清掃をしている方のブログが更新されるたびに読んでい

たんです。その当時のわたしは、事務職で生計を立てていたんですが、もっとアクテ

ィブな仕事がしたいと毎日考えていたんです。

アクティブな仕事といっても漠然としていて、特に何がしたいか自分でも分っていま

せんでした。

事務職が自分に合っていなくもなかったのですが、とにかくこのまま悶々と仕事をし

て定年を迎えたくはなかったという気持ちが強かったんです。


その客室清掃をしている方のブログは、特に清掃の仕方とかを書いているわけではな

かったのですが、なんとなく、毎日必死で頑張っている様子がヒシヒシと伝わってき

て、楽しそうとさえ思えたのです。

そして、いつしかビジネスホテルの客室清掃をやってみたいと強く思うようになった

のです。


ビジネスホテル客室清掃デビューが現実に! しかし・・・

思い立ったらすぐ実行に移してしまう性質なので、早速ビジネスホテル客室清掃のこ

とをいろいろと調べ始めました。


調べてみると、この仕事はほとんどがパートとしての採用で給与体系が時給ですし、

勤務時間も短いので、生計を立てることができないという事が分かりました。


でも、この仕事に就くことを諦めきれなかったわたしは、2つの選択肢しかないと思

いました。

1つは、昼は客室清掃をして夜は別の仕事をするダブルワークをすること。

2つ目は、客室清掃の現場責任者として正社員や準社員で働くこと。

しかし、ダブルワークに耐えられるかかなり自信がなかったので、2つ目の責任者と

して働くことにしました。

まだ経験したことが無い仕事で責任者になれるかわかりませんでしたが、客室清掃で

食べていくにはこれしかないと思い込み、決意しました。


早速、後輩に引き継ぎをし事務職を辞め、ビジネスホテル客室清掃のチャレンジが始

まりました。面接の時から責任者になりたいと告げました。

そのせいか、最初からかなり厳しく教育されました。


客室清掃デビューした初日、わたしは唖然としました。

その初日の仕事が終わってから、一人でカフェへ行き考え込んでいました。

なんでこんな大変な仕事ができると思ってしまったんだろう。

そして、責任者になりたいなんて言ってしまったんだろう。

顔から火が出るような暑さ、全身の痛みで、家に辿り着けるのかと大袈裟なことまで

考えていました。暫くそのカフェで悶々としていました。3時間くらい。


会社は辞めてしまったし、食べていかなくちゃいけなし、でもこの仕事で生きていこ

うと決意したんだからと思い直し、暫くは続けなくちゃいけない状態だと悟りました

清掃会社には、1ヶ月25日勤務という希望をだしてしまったので、とにかくやるし

かないと思いながら続けました。


ところが暫くして、だいぶ体も慣れ、筋肉痛もなくなり、徐々にその日のノルマ(5

〜8室くらいでした)をこなせるようになってくると、少しですが、1部屋終わるた

びに充実感も感じるようになってきたんです。


ベッドメイクが綺麗にできた時の喜び、バスルームをピカピカにした時の喜び、かな

り散らかっていた客室が綺麗になった時の喜びを感じるようになりました。


こんなに綺麗にしたのは自分なんだ!優越感というんでしょうか、そんな感覚を味わ

っていました。


1日13部屋というノルマがなかなか達成できない日々

しかし、綺麗に清掃することは出来ても、その日のノルマを時間内にこなすことはな

かなかできませんでした。


多くのビジネスホテルでは、客室清掃の勤務時間は10時から3時の5時間。

30分の休憩時間を引くと4時間半=270分。

この270分で全てを終わらせなくてはなりません。

客室を清掃する時間以外に30分くらいを清掃前の準備や館内の移動時間などに充て

るとして、240分でノルマ13部屋を清掃しなくてはなりません。

1部屋あたり約18分ということになります。


毎日ただ客室を綺麗にすることだけを考えて頑張っても、この1部屋18分という壁

は高いものでした。


それに、責任者になりたいと始めているので、ノルマをこなせることが第一関門です

他の誰よりも早めにノルマを達成しなければならないと必死でした。

そんなわたしを見て先輩たちは「この仕事は慣れることが一番、だから毎日頑張れば

そのうちできるようになるわよ!」と言われていましたが、なかなかそう簡単に達成

出来るようにはなりませんでした。

気合を入れて、モチベーションを高めて必死になってもとても大変でした。


どうして達成できないのか? 悩みました。


そして、考えたのです。


自分独自の達成できる《仕組み》を考案し実践・・・目標達成へ

この問題の原因は、気持ちだけでノルマを達成しようとしているからではないだろうか、と。

ノルマを達成するには、
ノルマを達成できる《仕組み》が必要なんではないか、と。


たとえば、ダイエットを決意していても、気持ちだけでそれを実現しようといている

と、おなかが空いて我慢が出来なくなった時に「食べられないなんてイヤだ!」と気

持ちが変わり、決意を破ってしまいます。

更にたとえば、早起きを決意している時も、夜寝るときには、明日は早起きするぞ!

と気合を入れていたのに、いざ朝になると別人のように気持ちが変わり、「やっぱり

早起きなんてしなくてもいいか」となってしまいます。


自分で決意した目標を達成するには、決意と気持ちだけでやりぬこうとするのではな

く、無理なく達成できる《仕組み》をつくっていかなくてはいけないと思いました。


目標を達成するために《仕組み》を作るという考えは、あまり一般的ではないでしょ

う。そのためどうしても、「やる気を高めたり、意志力を強くしたり」するしかない

と思ってしまいます。そして決意を破った自分を「ダメな人間だ。意志力が弱い。」

と考えがちです。


しかし、目標を達成する具体的な方法がないため、結局そこで手づまりになってしま

うというわけです。



そこで、
「ビジネスホテル客室清掃 35日間でノルマ13部屋達成プログラム」

題し、独自のこのプログラムを実践していきました。客室清掃を始めて2ヶ月が経っ

た頃の事です。何が何でも達成したかったので、周りの人達に対しては平常心でいる

ようにふるまって、必死で独自プログラムの実践に勤めました。


そして、
見事に13部屋達成を勝ち取ることが出来ました。

おまけにインスペクターを飛び越えて、サブチーフへの誘いの声がかかりました。

躍起になって清掃しているよりはるかにスムーズな計画でした。


今では、ぜひ、みなさんもこのプログラムでノルマを達成して欲しいと思います。

ネットで検索しても、客室清掃のコツなどを調べることは出来ますが、ノルマを

達成するための方法は見つかりません。


また、
書店で客室清掃に関する本を探しても見つかりません。書物にするほどの

事柄ではないのでしょうか。

でも、私もそうでしたが、
ノルマを達成できずに悩んでいる方は結構多いと思う

のです。時間が解決してくれると言っても、そのうちにモチベーションが下がり

疲労もプラスされて結局辞めていく方が多いのが現状です。

せっかく、この素晴らしい仕事、ビジネスホテルの客室清掃を始めたのですから

ぜひ、
ノルマを達成して充実感ある毎日を掴んでほしいと心から思っています。



「達成できた後の景色は今までとは違って見えるでしょう。」

「このプログラムの内容は・・・」

    はじめに・・・このプログラムについて

   
 35日間で13部屋達成の仕組み説明

    プログラムを始める前の注意点

    
清掃に掛かる前の準備

    
ベッドメイク〇分〇〇日間達成プログラム

    
バスルーム〇〇分〇〇日間達成プログラム

    
トータル〇〇分(ベッドメイク&バスルーム以外の部屋の仕上げ
                  〇分含む)〇〇日間達成プログラム 
    
プログラム終了・・・最後に

今回この「ビジネスホテル客室清掃 35日でノルマ13部屋達成プログラム」PDFファイル42ページにまとめ、1,150円という低価格販売させて戴くことにいたしました。

         
他に類を見ないプログラムです。ご購入はこちら                 









客室清掃で頑張ろう!

客室清掃の仕事に初めて就いた時はなんてきつい、厳しい仕事なんだろうと思われた方ってきっと多いでしょう。私自身もそうでした。でも、この仕事の充実感と遣り甲斐にすっかり惚れ込んでいます。たかが清掃ではありません。この仕事の魅力を感じている方は、長く続けていただきたいと思っています。そんな気持ちでこのプログラムを皆さんに役立てていただきたいと強く思っています。このプログラムはビジネスホテル客室清掃のみに対応しています。
























































































@ベッドメイク〇分は客室清掃の要


Aバスルームは〇〇分かけ慎重に


B1部屋〇〇分でノルマ達成へ



他に類を見ないプログラムです。
PDFファイル42ページ\1,150.-